キャッシングと債務整理

債務整理の中に潜むデメリットも知ってキャッシングを使う

債務整理は法律で認められたサポート

借金がかさんでしまい、どの金融機関から、どのくらいの額を、どれくらいの金利で借り入れしているのかがわからなくなってしまい、今後の展開に失望している方も数多くいらっしゃいます。借金の状況を正しく理解し、把握することは簡単そうに見えてもなかなか難しいものです。

 

しかし、借金返済に苦しむ生活を改善するには、まず、正しく借り入れの状況をつかむことから始まります。ですから、まずは弁護士等の法律の専門家に、関係の書類とともに状況をお話しすることが一番です。

 

そのうえで、自分の資産や収入の状況も併せて整理してみることが必要です。法律は、借金返済で苦しむ人たちが再び経済的に健全さを取り戻すことができるように債務整理という道を定めています。

 

仮に、収入や資産を考慮した上で、全額返済することが無理であれば、自己破産という法的手段があります。この場合は、これまでの借金がなくなるかたちをとりますが、自己破産したことは官報に掲載されるほか、一定の職業につくことができなくなるという制限が加わります。

 

一方、債務整理でも任意整理であれば、資産や収入を勘案のうえ、借入総額を圧縮したり、金利を引き下げたり、返済期限を延長したりすることができます。この場合は、あくまで任意であるので、官報に掲載されることもなく、資格についても制限がかかりません。

債務整理を行う際の費用が無い方も、分割や後払いも出来るので安心です。
債務整理にかかる費用